龍谷大学
文学部

HOME > 学部・大学院・短大 > 学部 > 文学部 > 臨床心理学科開設記念事業 登壇者プロフィール

臨床心理学科開設記念事業 登壇者プロフィール


 

1. 講演会

成瀬 悟策 (なるせ ごさく)

臨床心理学者、医学博士・臨床心理士
九州大学名誉教授・吉備国際大学教授。日本リハビリテイション心理学会理事長・日本臨床動作学会理事長を務める。

著作
『催眠』誠信書房
『催眠面接法』誠信書房
『動作療法-まったく新しい心理治療の理論と方法』 誠信書房
『講座・臨床動作学』シリーズ 編纂 学苑社

2. シンポジウム

(1) パネリスト

高橋 哲 (たかはし さとし)

芦屋生活心理学研究所所長 臨床心理士
兵庫県スクールカウンセラースーパーバイザー

阪神・淡路大震災(1995)で、日本臨床心理士会の現地活動本部長を務める。その後、付属池田小事件(2001)、JR宝塚線事故(2005)、新潟中越地震(2004)に際して学校でのメンタルケア活動を行う。 スマトラ沖地震・インド洋津波(2005)における支援活動をコーディネート、現地の教職員に研修を行う。2008年、日本心理臨床学会から派遣され、5月、7月と2回にわたり中国四川大地震への心のケアに関わる支援活動を行う。2009年からJICA(国際協力機構)プロジェクトの派遣で中国四川大地震支援活動を継続中。現在は兵庫県臨床心理士会 被害者支援専門委員会 理事、日本心理臨床学会 支援活動委員会 委員、東日本大震災心理支援センター 活動担当を務める。

著作
『震災で人々の心に何が起こったか』『心を蘇えさせる』共著 講談社
『PTSDと家族』(共著)家族心理学年報 他

鍋島 直樹 (なべしま なおき)

龍谷大学文学部真宗学科教授、龍谷大学人間・科学・宗教オープンリサーチセンター長
専門分野:真宗学、親鸞の生死観、仏教生命観と生命倫理

東日本大震災の宮城県に4月から毎月、僧侶としてボランティア活動を行っている。遺体安置所や南三陸町での追悼法要を通じて、町の人々との交流がつづいている。悲しみを縁として、真の絆が生まれている。

著作
『地球と人間のつながり-仏教共生観』 法蔵館
『死別の悲しみと生きる』 本願寺出版社
『アジャセ王の救い』 方丈堂出版
『親鸞の生命観 縁起の生命倫理学』法蔵館 など

友久 久雄 (ともひさ ひさお)

文学部臨床心理学科教授(精神科医・臨床心理士)

森田 喜治 (もりた よしはる)

文学部臨床心理学科教授(臨床心理士)

(2) 指定討論

植村 太郎 (うえむら たろう)

神戸労災病院精神科・心療内科(精神科医)

(3) 司会

吉川 悟 (よしかわ さとる)

文学部臨床心理学科教授
龍谷大学臨床心理相談室長(臨床心理士)

3. ワークショップ

(1) 「医療福祉現場におけるチーム作りのためのコミュニケーション術」

菅 佐和子 (すが さわこ)

京都大学大学院医学研究科人間科学系専攻教授

天理よろず相談所病院精神科心理相談室,愛知医科大学精神科等にてカウンセラーとして実践を行う。1991年京都大学医療技術短期大学助教授、1999年同教授、2003年京都大学医学部保健学科教授を経て、現職に至る。臨床心理士、教育学博士。

著作
『著書 看護・介護・保育の心理学シリーズ・心理的支援の方法-カウンセリングのすすめ』 編著 新曜社
『看護ケアのコミュニケーション術』編著・医学芸術社
『職場のメンタルヘルス相談室』 共著・新曜社
『医療現場に生かす臨床心理学』 編著・朱鷺書房
『「永遠の少年」の娘たち』 星和書店
『思春期女性の心理療法』 創元社

(2) 「カール・ロジャーズについて」

諸富 祥彦 (もろとみ よしひこ)

明治大学文学部教授

1986年筑波大学人間学類、1992年同大学院博士課程修了。英国イーストアングリア大学、米国トランスパーソナル心理学研究所客員研究員、千葉大学教育学部講師、助教授を経て、現職に至る。教育学博士。日本トランスパーソナル学会会長、日本カウンセリング学会常任理事などを務める。

著書
『カール・ロジャーズ入門 自分が“自分”になるということ』コスモス・ライブラリー
『学校現場で使えるカウンセリング・テクニック(上・下)』誠信書房
共訳
『ロジャーズ主要著作集 1巻 カウンセリングと心理療法』
『ロジャーズ主要著作集 2巻 クライアント中心療法』
『ロジャーズ主要著作集 3巻 ロジャーズが語る自己実現の道』 岩崎学術出版社

(3) 「特別支援教育と心理臨床-学校・家庭と協働するための実践スキル-」

今野 芳子 (こんの よしこ)

京都外国語大学・京都外語短期大学学生相談室長

1979年大阪教育大学特殊教育特別専攻科修了。京都府立城陽養護学校長、京都府総合教育センター所長、京都大学大学院臨床心理実践研究センター客員教授、京都文教短期大学特任講師などを経て、現職に至る。

著作
『臨床心理士と管理職-臨床心理士の立場を生かした経営-』
京都大学大学院教育学研究科附属臨床教育実践研究センター紀要 5, 63-72
『「不登校」の多様化に対応できる実践力-教員のアセスメントの的確性-』
京都文教短期大学研究紀要 46, 92-108

▲このページのトップへ戻る

このページのトップへ戻る