Need Help?

Faculty of Letters

文学部

仏教学科

文学部 仏教学科

松浦 雄介さん 仏教学科 3年生(滋賀県立甲西高校 出身)

講義 | 仏教学講読F2

担当:藤丸 要 教授

難解な仏教漢文の読解力が、一歩一歩、着実に上達します。

華厳宗の歴史・文献・教学などを詳細にまとめた書『華厳法界義鏡』などに以前から興味があり、仏教独特の漢文の読解方法を学びたいと考え、この講義を選びました。講義では、難しい仏教漢文の読解方法を学び、華厳宗の歴史をとおして、日本の文化に与えた仏教の影響についてを、理解することができたと思います。

また、仏教に数多くある他宗派との関係性や、どのように歴史が展開してきたか、日常生活で自然に使っている仏教を起源とした言葉なども学べて、講義が進むにつれ興味もより深まりました。 仏教漢文は、普段使わない言語なので、最初は難しく感じるかもしれません。しかし、講義では先生がわかりやすく丁寧に解説してくださいますので、徐々に理解できるようになり、自分の成長を日々実感できます。

文学部 仏教学科

福本 圭奈子さん 仏教学科 3年生(滋賀県立八幡高校 出身)

ゼミ | 仏教学演習Ⅰ

[ 能仁ゼミ ] 能仁 正顕 教授

ゼミで学ぶ際のポイントは、何か1つでも疑問を抱くこと。

仏教のなかでも日本で一般的に信仰されている大乗仏教を学びたくて、このゼミを選びました。ゼミで私は、不動明王像の十九観(不動十九観)を中心とした仏像について学んでいます。不動十九観とは、不動明王像に19箇所ある外見的な特徴のことで、特徴の一つひとつに仏としての役割や地域的、文化的な背景があるなど、興味をもって研究しています。

ゼミでは、他のゼミ生の発表を聞く際、自分のわからないところや疑問はないか、という意識をもち、専門外のテーマであっても自分の研究に役立つと思って学んでいます。また、ゼミの仲間や先輩に、レポートや就職活動の相談などをしているとみんな親切で、自然と仲良くなっていきました。先生にも気軽にさまざまなことを相談できますので、仏教をより深く学びたいと思う方には、最適のゼミではないでしょうか。

仏教学科オリジナルホームページ

主な卒業論文テーマ
  • 観音信仰の研究
  • 現代社会における仏教と医療
  • 仏教と星信仰
  • 『 入菩提行論』の研究 ―第8章「禅定波羅蜜」を中心に―
  • 文殊菩薩の造形と信仰
  • 一休宗純の思想
  • 空海の即身成仏思想について
  • 日本における「心神」観の形成と変容 ―山崎闇斎の天人唯一を中心に―
  • 戦国武将と仏教信仰
  • 栄西における戒律思想の研究

Request Information

資料請求