Need Help?

Faculty of Letters

文学部

歴史学科 日本史学専攻

歴史学科 日本史学専攻

吉川 浩平さん 歴史学科 日本史学専攻 3年生(滋賀県 光泉高校 出身)

講義 | 日本史学講読F

担当: 山本 浩樹 教授

古文書を読み、理解する力を身につけることで、日本史学専攻の学びに不可欠な知識や教養を修得できます。

この講義では、近世に用いられた文字の成り立ちのほか、古文書や古記録の文章構成などを学びます。現代とは異なる言葉が交わされていた時代があり、その当時に書かれた書物を読む授業が印象に残っています。山本先生の講義は、実際の史料を受講生が順番に読み進めるスタイル。初めは読むのに苦労しましたが、繰り返し学修するうちに少しずつ慣れ、今まで読めなかった史料が読めるようなります。日に日に実力がついていることを実感できますので、ぜひこの講義で多くの古文書に触れて教養を深めてください。

歴史学科 日本史学専攻

田邊 翔大さん 歴史学科 日本史学専攻 2年生(京都府 京都美山高校 出身)

ゼミ | 日本史学基礎演習ⅡB

[ 𠮷田ゼミ ] 𠮷田 賢司 准教授

専門分野を深く研究する演習(ゼミ)の前段階として、基礎演習では歴史研究の基礎的な知識などを修得します。

この基礎演習では、鎌倉時代の守護制度について学びます。歴史は連続的なものなので、前後の平安時代と室町時代の知識も必要です。鎌倉時代を深く学ぶことで、前後の時代について今まで理解に至らなかった発見もあります。例えば、戦国大名の島津氏の先祖が鎌倉幕府の守護だった頃のことも学びました。史料の探し方や、史料に登場する人物などについて学べるほか、論文の読み方も身についたと思います。高校まででは教わらない内容も学修しますが、わからないことは𠮷田先生が丁寧に教えてくださいますので安心です。

歴史学科 日本史学専攻

竹ノ中 裕宣さん 歴史学科 日本史学専攻 3年生(広島県立世羅高校 出身)

ゼミ | 日本史学演習Ⅰ

[ 木本ゼミ ] 木本 好信 教授

史料が少ない古代史を研究するうえで必要なさまざまな視点から考察する力が身につきました。

昨年度に木本先生の基礎演習を受け、藤原仲麻呂の乱についての先生の立論過程や論拠、説得力などに衝撃を受けました。古代史の理解をさらに深めたいと思い受講したゼミでは、基礎演習での学びを活かし、薬子の変について研究しています。また、夏期休暇を利用して奈良文化財研究所へ伺い、数多くの木簡を見せていただいたのですが、著名な「長屋親王宮」木簡の実物もあり、とても印象的でした。フィールドワークも多く、古代史が好きな人や古代史を本質から理解したい人におすすめのゼミです。

主な卒業論文テーマ
  • 崇峻天皇暗殺事件と蘇我氏の権力
  • 賀茂斎院と内親王の史的研究
  • 鎌倉幕府における御家人の任官政策
  • 太平記における人物像と後世への影響
  • 朝倉孝景の越前国守護職補任について
  • 北関東地域における近江日野商人の酒造経営
  • 光格・孝明期の尊王思想と民衆
  • 明治期における家族国家観
  • 臨時教育会議の歴史的意義について
  • 石橋湛山と小日本主義

Request Information

資料請求