Need Help?

Faculty of Letters

文学部

歴史学科 日本史学専攻

歴史学科 日本史学専攻

角田 真都さん 歴史学科 日本史学専攻 3年生(東京都 桐朋女子高校 出身)

講義 | 日本史学特殊講義(E)B

担当:嘉戸 一将 准教授

論理的で明確な根拠の検証・考察により、より精度の高い知識を習得できます。

明治憲法体制の成立と展開を学べる嘉戸先生の講義が、自身が作成する卒業論文のテーマに関わっていたため、受講しました。講義では、既存の知識や固定観念とは異なる見解を、さまざまな史料を根拠として学ぶことができます。日本で初めてとなる憲法の特質をはじめ、成立に至る過程で巻き起こった論争や改革論議など、近代日本の歩みを知るうえで興味深い学びが多く、特に、明治憲法のなかでも天皇の統治権の意味と背景を論じた講義は、とても印象に残っています。

一見して常識と思える認識について、先入観を排除し改めて深く考察する必要を、講義を通じて先生から教えていただきました。安易な答えに飛びつくことなく、より論理的で、明確な根拠を基にした知識の習得方法を、身につけられたと思います。

歴史学科 日本史学専攻

藤井 梓さん 歴史学科 日本史学専攻 4年生(愛媛県立松山東高校 出身)

ゼミ | 日本史学演習Ⅱ

[ 𠮷田ゼミ ]𠮷田 賢司 准教授

「わかりやすく伝える」話し方を、ゼミの研究発表で学べました。

大学入学前から中世史を研究したいと考えていて、テーマにしたいことが𠮷田先生の研究範囲であり、たくさんのアドバイスをいただけると思い、このゼミ(日本史学演習)を選択しました。また、1年生の時に先生の「日本史学基礎演習」を受講した際、先生が学生と親身に向き合って講義されている姿勢に感銘を受けたのも、このゼミを選んだ大きな理由です。

𠮷田ゼミでは、それぞれが多様なテーマの研究に取り組んでいます。毎週、メンバーが順次に研究発表をおこない、先生やゼミのメンバーから批評やアドバイスを受けます。そのなかから、論証の仕方や人前での話し方などを身につけることができました。就職活動時の面接などで「わかりやすく伝える」話し方が役立ったと実感しています。また、史料の読み解きが得意になり、古典籍の読解や内容を理解できたときは、とても感動します。

主な卒業論文テーマ
  • 天皇号成立の研究
  • 古代医療制度と陰陽道
  • 建武政権における足利尊氏の動向
  • 戦国・織豊期における僧侶の活動
  • 秀吉の伏見首都構想
  • 18世紀後期~19世紀前期の村と百姓
  • 京都所司代松平定敬と本国桑名藩
  • 肉食奨励からみる近代日本の諸相
  • 日系移民と日米関係史について
  • 戦前における思想統制と弾圧

Request Information

資料請求