日本語日本文学科

豊富な古典籍に囲まれて日本語・日本文学の真髄にふれる喜び。
情報出版学コースも設置し、「ことばのプロ」を育成しています。

龍谷大学国文学会のオリジナルホームページはこちら

日本語日本文学科では、奈良時代から現代までの文学作品を中心に取り上げ、日本の言語文化とその時代的・社会的背景を幅広く学びます。そのうえで、古典文学、近代文学、情報出版学、日本語学という4つの専門的視点から、深く「ことば」へのアプローチを行います。
文学の舞台「京都」を体感できるような雰囲気のある大宮キャンパスや、多数の貴重な古典籍を所蔵する図書館など、日本語日本文学を学修し研究するうえで、最高の環境が整っているのも大きな魅力です。また、マスコミ業界出身の講師による、最新情報を組み入れた実践的な授業を展開するなどして、あなたの“学び”をサポートします。そして、自分を表現し、他人を理解するために欠かせない「ことば」に対する理解を基本に、豊かな言語感覚や感受性、論理的思考能力を磨き上げ、さまざまな分野で活躍する「ことばのプロ」を養成します。

日本語日本文学科


  • 学びのポイント
  • カリキュラム
  • 学びのステップアップ
  • 学科の特徴
  • 教員メッセージ

学びのポイント

学ぶ目的や興味に合わせて選べる4つのコース

「古典文学」「近代文学」「情報出版学」「日本語学」の4つのコースに分かれて学修。個々の興味・関心を深めていきます。

さまざまな視点から、バラエティに富んだ授業を展開

奈良~近現代の文学、古代~現代の日本語の変遷、文字から画像・映像・芸能まで、多彩な視点から日本語・日本文学を学びます。

出版・編集・情報、日本語教師等、将来に備えた実践的な科目も

取材力・文章力・企画力を養う科目や、日本語教師を目指す人のための科目等、キャリア開発・支援のための授業も開講しています。

国宝・重要文化財等の古典籍に接しながら学修・研究

貴重な古典籍を収蔵する大宮図書館を利用できる恵まれた環境でじっくり学修できます。

カリキュラム

豊富な古典籍に囲まれて日本語・日本文学の真髄に触れる喜び。情報出版学コースも設置し、「ことばのプロ」を育成しています。

カリキュラム

学びのステップアップ

学生一人ひとりの将来の目標に向けて、着実にステップアップ。

日本語日本文学科 4年生

在校生:わたしの学びのステップ

日本語日本文学科

小学生の頃に触れた百人一首がきっかけで古典に興味を持つようになり、大学で「古典をもっと深く学びたい」と考えていました。大学選びの決め手になったのは、龍谷大学の大宮図書館です。蔵書が豊富で設備も新しく、「古典を学ぶならここだ」と確信しました。


“ことば”に込められた思いを読み解いていくという古典文学の奥深さを知り、もっと学ぶために大学院へ進学します。

1年生

「基礎演習」や「日本文学概論」等で、日本文学が持つ幅広い学びを実感しました。日本語学にもはじめて触れ、時代ごとの“ことば”の変化は必然だと知りました。

2年生

教職課程に加えて、司書課程も履修しました。司書課程では効率のよい図書館の活用術等、今後の学びにも応用できる力を身につけることができました。

3年生

古典文学コースのゼミに参加し、『新古今和歌集』を一首ずつ研究しました。発表に向けて図書館に通い詰めながら、ゼミの仲間と熱く語り合う毎日でした。

4年生

卒業論文で“蓮如思想の歴史的意義”をテーマに研究するうち、さらなる探求心が芽生えてきました。卒業後は龍谷大学の大学院にすすんで仏教の教義を学び、将来は布教使を目指します。


学科の特徴

チャートで診断! あなたにピッタリのコースは?

日本語日本文学科は4つのコースに分かれて専門的に学修します。 あなたの興味・関心にもっともフィットするコースはどれか、チャートでチェックしてみましょう。

※このチャートは、学科内コースの特徴を知り、自分が学びたい分野をイメージしやすくするために作成したものです。一つの目安として活用してください。

教員メッセージ

安藤 徹 教授
安藤 徹 教授

日本の"言語文化"を究め、「ことばのプロ」になる

ふだん、わたしたちは事もなげに日本語を使い、何気なくさまざまな表現に触れ、気ままに日本文学を楽しんでいます。当たり前のように日本文化を生き、浴びるほどに情報出版文化の恩恵を受けています。そうした身近な日本の"言語文化"に目覚め、<問い>を発見することから、日本語日本文学科の学びははじまります。その成り立ちや特質、歴史・社会的意義や効果等を探究する。さらに、人間・社会を問い直し、自分を見つめ直す。そして、実社会でも役立つ<考える力><読み解く力><表現する力>を持った「ことばのプロ」になる。そんな専門的な学びを、「古典文学」「近代文学」「情報出版学」「日本語学」の4領域に広がる多様なフィールドで存分に体験できるのが、日本語日本文学科です。


文学部をもっと知る

授業紹介

教員紹介

資格・就職支援


このページのトップへ戻る