日本語日本文学専攻

日本語・日本文学の専門研究の立場から
現代社会に貢献する人材を養成

龍谷大学国文学会のオリジナルホームページはこちら

日本語と日本文学についての高度な教育と研究を基盤とし、学生の学問的興味や研究テーマに即して学修・研究することができるよう、古典文学(上代から近世までの文学や文化についての研究)、近代文学(明治から現代までの文学についての研究)、情報出版学(出版と情報、パフォーマンスなどに関する歴史と理論についての研究)、日本語学(日本語とその歴史、および日本語教育に関する研究)の4分野にわたって、それぞれに特殊研究、演習、文献研究の科目を開設しています。また、これらの背景となる分野として、言語教育論、日本仏教史、民俗学、中国文学の特殊研究を開設しています。

開講授業科目(例示)

授業科目 講義題目
情報出版学特殊研究A 近世前期の小説と勧化本を読む
情報出版学特殊研究B 近世前期の小説と勧化本を読む
古典文学演習 平安朝文学研究の批判的検証と実践
古典文学演習 藤原定家の『奥入』を読む
近代文学演習 修士論文(博士論文)の完成にむけて
情報出版学演習 近世の出版と文学の諸問題
日本語学演習 引用研究史論
古典文学文献研究A 『蜻蛉日記』上巻(前半)注解
古典文学文献研究B 『蜻蛉日記』上巻(後半)注解
近代文学文献研究A 近代文学の論じ方
近代文学文献研究B 近代文学の論じ方
日本語学文献研究A 漢字仮名交じり本『吾妻鏡』の日本語学的研究
日本語学文献研究B 漢字仮名交じり本『吾妻鏡』の日本語学的研究

このページのトップへ戻る