日本語日本文学専攻 院生

日本語日本文学専攻 院生

日本語日本文学専攻 院生
龍谷大学文学部日本語日本文学科 出身

文学研究科に進学した理由をお聞かせください

学部を卒業して住宅関連の会社に就職したのですが、社会人として働いている中でさまざまな人と出会い、教育に関係する仕事につきたいという気持ちが強くなりました。しかし、そのためにはさらに専門的な知識を身につけることが必要だと感じ、もう一度学ぶために院への進学を決めました。


文学研究科での学修・研究内容

平安時代前期に実在した小野篁に関わる文献(『篁物語』や、『今昔物語集』などに見える説話群等)を研究しています。特に『篁物語』は研究が進んでおらず、いまだに様々な解釈があり、作品としての評価も定まっていません。修士論文では、この物語をどのように読むのか、他の篁作品との関連も見ながら研究していく予定です。

日本語日本文学専攻 院生2


現在の研究のどのような点に魅力を感じますか

難解な部分が多く、あまり研究が進んでいないということもあり、『篁物語』はまだまだ様々な読みの可能性を秘めています。説話群との関係も明らかにされていません。自分が調べ上げたことで、従来の読みをさらに補強することができたり、さらに新しい読み方ができたりすることがとても魅力的だと感じています。

教員と院生の関係について教えてください

何か明確な方向性を院生に指示するのではなく、あくまで院生の自主性を重んじて指導してくださいます。何かあればすぐに相談でき、真摯に聞いてくださることで院生自身の考えもまとまってくる、といった関係です。

文学研究科への進学を考えている人に向けて一言

学部の頃とは違い、自律が求められる場所だと感じています。その分、大変な思いをすることも多いと思いますが、同時に、自分次第で遺憾なく力を発揮できる場所でもあると思います。色々なことに興味を持ち、チャレンジ精神旺盛な方と一緒に勉強できたらと思っています。

このページのトップへ戻る