Need Help?

Faculty of Letters

文学部

哲学科 哲学専攻

哲学科 哲学専攻

岩本 真菜都さん 哲学科 哲学専攻 2年生(和歌山県立橋本高校 出身)

講義 | 中世哲学史

担当: 山口 雅広 准教授

哲学者の思想、生涯、文献、時代背景など多角的な視点で哲学史を学べる、わかりやすい講義です。

山口先生は私が1年生のとき、初めてのゼミを担当していただいた先生です。学生一人ひとりに細やかな指導をされ、私は今でも相談に乗っていただいています。そんないつも明るく楽しい魅力的な先生の講義であり、哲学を学ぶうえで哲学史を学ぶことは不可欠と考えたため、この講義を受講しました。哲学者・アウグスティヌスの著作「告白」の哲学的意味を検証する講義が印象に残っています。中世という現実感のない話でもわかりやすく身近に感じられる講義で、多角的な視点から哲学を学べ、理解をより深められるのではないでしょうか。

哲学科 哲学専攻

寺崎 静華さん 哲学科 哲学専攻 2年生(大阪府 大阪学芸中等教育学校 出身)

講義 | 哲学概論

担当: 田中 龍山 准教授

講義の前と後で「哲学とは何か」を考え、受講による自分自身の考え方の変化を実感できました。

哲学の基本的な知識を身につけ、哲学のさまざまな問題について幅広く学びたかったため受講しました。講義は古代から現代までの哲学者の考えをヒントにしながら答えを導き出すスタイルで、1つの問題を多角的に考察でき、さまざまな解釈について学べるのが特徴です。また、講義の最初と最後に「哲学とは何か」を考える時間があります。講義を受ける前と終了時で自分自身の哲学への考えがどのように変化したかを実感でき、興味深く感じました。また、田中先生が丁寧に教えてくださるので積極的に質問でき、学びがより深まると思います。

哲学科 哲学専攻

吉田 知央さん 哲学科 哲学専攻 3年生(石川県立金沢西高校 出身)

ゼミ | 哲学演習ⅠB

[ 小林ゼミ ] 小林 徹 講師

発表者とコメンテーターのやりとりで進められるゼミにより、人に伝わる話し方や聞く力、積極性などが養われました。

哲学専攻のゼミは各々の問題関心から卒業論文のテーマを決め、その卒業論文を書き上げるのが目的の1つです。そのため毎回2名が調べてきた内容を発表し、別に決められた2名がコメンテーターとなり、アドバイスなどのコメントを返すスタイルで進められます。このようなゼミ形態により、自分の研究している内容を相手にわかりやすく伝える力や、相手の意見に耳を傾ける力が身につきました。これまで人前で話すことは苦手でしたが、今では授業の終わりに先生のところへ質問に行くことが習慣になるなど、積極性も培われたと思います。

哲学教室オリジナルホームページ

主な卒業論文テーマ
  • 芸術と大衆:ベンヤミンの「経験」概念に基づく考察
  • 社会的自由と多様性:J・ロールズ『正義論』の「格差原理」を手がかりに
  • 義務に基づく行為:カント『道徳形而上学の基礎づけ』の考察
  • ライプニッツに映るプラトン:「表出」理論としての「想起説」
  • アリストテレスの友愛論からみる劣悪な愛の必要性について
  • 世代間倫理から持続可能性の理念へ:ヨナスの責任の原理による
  • 功利主義的自由論と死ぬ権利
  • 写真とは何か:ロラン・バルトの写真論を中心に
  • メルロ=ポンティと心身問題:『行動の構造』を手掛かりに
  • スピノザの心身平行論の考察

Request Information

資料請求