Need Help?

Faculty of Letters

文学部

真宗学科

文学部 真宗学科

榎本 沙羅さん 真宗学科 3年生(香川県立高松桜井高校 出身)

講義 | 真宗教学史B

担当:鍋島 直樹 教授

浄土真宗や仏教などをとおして自分自身の考え方を見直す機会となった、龍谷大学ならではの講義です。

浄土真宗について時代背景を視野に入れつつ、親鸞教義が継承されてきた歴史や教学を学べる重要な講義です。また、仏教の観点から人間の本質や人間が逃れられない苦しみがあるなど、私たちが生きるうえで大切なことに気づけました。この講義では、大学院生の活動に触れる機会や外部講師をお招きした講義を受けることができます。私が印象に残っているのは、大学院生が実施された仏教がテーマのヒーローショー「ジッセンジャープロジェクト」で、現代に仏教をどう伝えていくかをさまざまな角度から学べ、新しい発見がありました。

文学部 真宗学科

尾寺 遊賢さん 真宗学科 3年生(山口県立豊浦高校 出身)

講義 | 教理史講読B2

担当: 内田 准心 講師

隋・唐代の僧侶が著した『安楽集』を専門的に学べ、当時の中国仏教などの時代背景や歴史にも触れられます。

この講義では古代中国である隋・唐代の僧侶「道綽(どうしゃく)」が著した『安楽集』について学びます。当時の中国仏教の時代背景や抱えていた問題を学修でき、「浄土」や「仏」という考え方がどのように中国仏教の中で受容され展開してきたかを学べて興味深く感じました。講義は内田先生との質疑応答にかなり時間を取っていただけるので、多くの知識や情報を自分で理解して修得できます。道綽や『安楽集』を専門的に勉強したい方はもちろん、隋や唐時代の中国仏教の状況など、歴史的な視点から学びたい方にとってもおすすめの講義です。

文学部 真宗学科

日高 智詞さん 真宗学科 3年生(山口県 宇部フロンティア大学付属香川高校 出身)

ゼミ | 教義学演習ⅠB

[ 那須ゼミ ] 那須 英勝 教授

浄土真宗の宗祖・親鸞の著作などを研究することで、親鸞教義の体系的理解をより深められるゼミです。

私は親鸞思想に興味があり、那須先生のもとで深く学びたかったため、那須ゼミを選びました。ゼミでは親鸞思想をテーマに、『歎異抄』や『教行信証』といった親鸞の著作などを精読し、そこに記されているさまざまな事柄について考察・研究していきます。先生は昔、海外で布教活動をされていたそうで、海外と日本の仏教の違いや言葉の違いによる異なる解釈などについて学ぶことができました。ゼミでは専門用語を頻繁に使うことから、わからないワードや意味などを自主的に調べるうちに、自然と学修する姿勢が身についたように思います。

真宗学会オリジナルホームページ

主な卒業論文テーマ
  • 『歎異抄』解釈の諸相
  • 浄土真宗とスピリチュアルケア
  • 宗祖における往生観
  • 蓮如上人の伝道
  • 親鸞における無戒の思想の考察
  • 法然・親鸞の思想比較
  • 『改邪鈔』による本願寺教団への影響
  • 現代人の宗教離れと浄土真宗の実践活動
  • 浄土真宗における宗教教育の必要性
  • 『十住毘婆沙論』の一考察

Request Information

資料請求