Need Help?

Faculty of Letters

文学部

堀田 悟史

堀田 悟史
教員氏名
堀田 悟史 准教授
専門分野
国語科教育学(文学教育)/文学(教材)研究

研究内容を教えてください。

文学作品を読むことを通して学習者の「言葉を読む力」を高めることができる国語科の学習方法や教材について研究しています。学習方法については、「読み方を学ぶ学習」・「古典文法学習」のあり方と具体的な方法を中心課題にして取り組んでいます。教材については文学研究や日本語研究の理論や成果を借りて、教科書に採録されている文学教材の価値と取り上げ方の見直し、さらに新しい教材の開発を行っています。したがって、文学作品自体の研究にも取り組んでいます。

専門分野のおもしろさは何ですか。

私自身が文学作品を読んで新しい気づきや新しい読み(ただし、独りよがりではない)に出会えたときには、素直におもしろいと思います。また、高等学校の教員時代、学習者が文学作品やその言葉や表現と出会い、格闘し、目の色が変わって行く瞬間に出会えた時には格別の喜びと、学ぶこと・教えることのおもしろさを感じました。それは現在、大学の講義においても同じです。教師にも学習者にも学ぶことのおもしろさが実感できる出会いを作ることが、この分野の意義の一つであり、おもしろさだと思っています。

なぜその分野を専門として選ばれましたか。

大学卒業後、高等学校の国語の教員をしながら文学研究をしていました。そのなかで、学習者が文学作品を読むことをおもしろいと思い、さらに前のめりになって取り組んでくれるような授業ができないものかと実践や研究を続けているうちに、軸足が国語科教育に移りました。これまで出会った学習者の存在が、現在の専門分野を選んだ大きな要因であることは間違いありません。

Request Information

資料請求