Need Help?

Graduate School of Letters

文学研究科

研究科概要

文学研究科は真宗学、仏教学、哲学、教育学、臨床心理学、日本史学、東洋史学、日本語日本文学、英語英米文学の9専攻を設置し、それぞれに修士課程と博士後期課程を設けています。
各専攻では、龍谷大学が誇る貴重資料などを利用した研究が行われており、各分野の最新研究を展開する研究者でもある教員が、学生の研究活動をしっかりサポートします。また、国際化に伴う外国人留学生の受け入れも活発に行っています。さらに社会人や教職関係者の再教育、また生涯教育をめざす人など、9専攻の豊富な科目群を生かした弾力的なカリキュラムを用意し、多様な学修ニーズに対応しています。

SEE MORE


研究科長メッセージ

文学研究科は、現在、真宗学・仏教学・哲学・教育学・臨床心理学・日本史学・東洋史学・日本語日本文学・英語英米文学の9専攻で構成されています。
本学の起源である「学寮」を中心とする浄土真宗本願寺派の僧侶教育を始源とした専攻、近代化のなかで欧米大学の人文科学にある哲学・史学・文学という学問領域を範とした専攻、そして社会の要請に応じて2012年度に開設された臨床心理学専攻と、成り立ちも研究領域も様々ですが、文学研究科は仏教を歴史的起点に、「ことば」を共通の基礎とする研究領域の集まりです。
長い歩みのなかで、大宮図書館には約73万冊の書籍を収蔵し、わが国初の本格的な仏教総合博物館となる「龍谷ミュージアム」も大宮学舎の近隣にあり、充実した研究環境が整備されています。

SEE MORE


文学研究科の教育理念・目的

Request Information

資料請求