修士論文題目一覧(例示)

真宗学専攻

  • 現生正定聚についての一考察
  • 小児往生について
  • 「方便化身土分類」末の研究 -経論の引用意図についての考察-
  • 『唯信鈔文意』にみる親鸞の名号観 -『唯信鈔』と比較して-
  • 懐感浄土教の研究 -善導浄土教と比較して-
  • 真宗伝道の方法論的考察 -国語科の授業法に関連して-
  • 浄土真宗における伝道とその展開
  • 横超断四流釈の利益の位置づけ -現當二益を通しての見解-
  • 真宗仏性義再考 -親鸞の仏性観の独自性-
  • 法然から親鸞への展開 -特に生因願を中心に-
  • 隆寛律師の浄土教思想
  • 親鸞聖人の五念門観 -法然門下との対比を中心として-
  • 親鸞における往生
  • 親鸞の疑心観の研究 -法然の疑心理解との比較を通して-

仏教学専攻

  • ガンダーラのいわゆるアトラス像について
  • 『観心略要集』の研究
  • 曇鸞浄土教の研究
  • 中国涅槃変相図に関する研究 -金棺出現の場面を中心に-
  • 明秀光雲の浄土教学の研究 -『愚要鈔』を中心として-
  • 「虎を伴う行脚僧図」の研究

哲学専攻

  • 『善の研究』に於ける宗教とは何か
  • 人間における魂と身体の合一 -トマス・アクィナス『神学大全』の場合-
  • アリストテレスの「海戦問題」をめぐって -『命題論』第九章における必然と真理-

教育学専攻

  • がん患者サロンにおけるスピリチュアルケアの一考察
  • 詰め込み教育について
  • 中国の私立高等日本語学校の発展と課題 -日本と中国との比較-
  • 中国人の日本語学習者の異文化間コミュニケーション能力の養成 -遼寧省を中心に-
  • 日本と台湾における教科書の審査・採択制度の比較研究 -小・中学校の場合-
  • 西郷文芸学の教育方法学的考察

臨床心理学専攻

  • 欺瞞性認知とコミュニュケーション・スキルの関連性について
    -恋愛場面における欺瞞的コミュニュケーションに着目して-
  • 青年期における現実自己が抱く劣等感について
    -理想自己との比較・他者比較の観点から-
  • 青年期における通過儀礼における個人的意味づけと親子関係の距離
  • 治療関係の形成を評価する
    -システムズアプローチの視点からの考察-
  • 大学生が認知する両親との関係性と心理的健康に関する研究
  • 特別養護老人ホームにおける介護職員の死への意識について
  • 日本版新個人的神話尺度の信頼性と妥当性の検討
  • テレビゲームによる攻撃性への影響

日本史学専攻

  • 本願寺教団の朝鮮進出 - 明如期を中心に-
  • 重弧紋軒平瓦の二大系統
  • 神道国教主義と明治憲法体制
  • 平安後期に見る皮膚病者と仏教
  • 豊国大明神の盛衰 -豊国社の運営実態並びに祭祀形態を中心に-
  • 近世京都五条近辺における賤民に関して -特に物吉と呼ばれた人々を中心として-
  • 行基の布教と民衆
  • 稲荷信仰の初源 -稲荷信仰の根底にあるもの-
  • 本居宣長の思想形成とその展開 -古道論を中心として-
  • 中世村落の出現とその展開-近江の湖東・湖南地域を中心に-
  • 元田永孚の儒教思想と明治国家における「保守主義」
  • 奈良時代初期の村落
  • 明治一〇年代における「宮中派」の思想と行動
  • 古代日本における山林観と仏教-山林修行の足跡を手掛かりに-
  • 奈良朝写経の一考察-「花厳経為本」前後の動向をてがかりに-
  • 明治・大正期におけるキリスト者柏木義円の思想-非戦論の展開と社会主義の受容をめぐって-

東洋史学専攻

  • 元朝初期における全眞教団の活動について
  • ウイグル語文書にみる経済活動の諸問題
  • 戦国時代における秦の貨幣政策について -商鞅の改革と貨幣-
  • 陽明学と仏教
  • 北朝期の弥勒信仰 -造像銘を中心に-
  • 清初の満蒙婚姻関係 -孝荘文皇后を中心に-
  • 中国における阿育王塔の諸相 -八萬四千塔伝説が中国に与えし影響-

日本語日本文学専攻

  • 現代日本語の漢語系接辞の用法の分析 -「大」「超」「系」「風」を例として-
  • 『女郎花物語』における『仮名列女伝』の享受について
  • 鬼と隠れ蓑の関係性
  • 明治期文語文の疑問表現について
  • 『浜松中納言物語』における吉野 -その機能について-
  • スペース・オペラの文体について
  • 会話表現のテクスト機能 -再話テクストを素材として-
  • 兼好の執筆姿勢 -『徒然草』における登場人物の描写を通して-
  • 武田泰淳と中国 -「戦争もの」を中心に-
  • 『源氏物語』の<終わり> -「据ゑ」たい男の恋愛願望-

英語英米文学専攻

  • William Burroughs as an Anti Novelist
  • Reason and Free Will:A Comparative Study of George Orwell's Nineteen Eighty Four and Yevgeny Zamyatin's We.
  • Jane Austen's Views on Marriage in Pride and Prejudice『高慢と偏見』におけるジェイン・オースティンの結婚観
  • British Writers' Attitudes to Religion in Their Works:The Representation of Their Sense of Crisis

このページのトップへ戻る