カリキュラム

修士課程

真宗学専攻

浄士真宗の教義、親鶯の教学は、インド・中国・日本にわたる仏教の思想の流れの中で形成されたものです。
その教学の真理性を歴史学的・思想史的・教義学的視点から解明することをめざします。

仏教学専攻

仏教学の研究対象は、インド、中国日本など地域的にも広く、さらに異思想や異文化、現代社会の問題をも視野に入れると、さらに広がります。それらの基盤となる教学的諸問題を解明し、仏教を学問として究明しています。

哲学専攻

哲学は諸科学の成立根拠を検討するとともに、形而上学の問題を探求して、倫理・宗教などとも深く関わります。そうした哲学の根本問題の究明と、現代の諸問題に応える研究を進めています。

教育学専攻

教育学領域と教育心理学領域において、教育の本質や方法、教育と社会・文化との関係、成長・発達や学習の心理学などの解明にあたるとともに、学校教育の実践的課題に応える研究を行います。

臨床心理学専攻

心理的支援の現場において共働的な臨床実践を実現するため、被支援者にかかわる人間関係を適切に把握し、高度な臨床心理学的専門性を発揮できる人材を育成します。

日本史学専攻

考古学を含む日本史のさまざまな分野に関する研究・教育を通して、専門的知識・技能を修得することはもちろん、批判精神をふまえたより確かな歴史認識を持ちうる人材を育成します。

東洋史学専攻

中国をはじめアジア諸地域の歴史に関する高度に専門的な知識と技能の教育を通して、研究者の養成、社会人の再教育を行うとともに、広い視野に立ってアジア全体を深く洞察できる人材を育成します。

日本語日本文学専攻

日本の言語と言語文化についての深い学識と高度の研究能力を身につけさせるとともに、その言語や言語文化を継承し発展させ、新しい言語文化を創造し伝播する能力を高めます。

英語英米文学専攻

英米文学、英語学および英米文化についての深い学識と高度の研究能力を身につけさせるとともに、国際化する現代社会で活躍できる能力を養います。

このページのトップへ戻る