Need Help?

Faculty of Letters

文学部

歴史学科 東洋史学専攻

歴史学科 東洋史学専攻

漢字文化圏からイスラーム文化圏まで、
アジアの歴史・文化を学び、研究を深めます

Focus 学びのPoint
東アジアからイスラーム文化圏まで、広大な地域の歴史を研究
段階的なカリキュラムで目標へ確実にステップアップ
諸外国の研究機関と学術交流や留学を活発に展開
語学習得から研究会参加まで全面的にバックアップ

Curriculum カリキュラム

カリキュラム

講義紹介

東洋史学基礎演習Ⅰ

「史料を読む」という研究の基礎作業に取り組みながら、東洋史学研究の基礎を学ぶ。

東洋史概説Ⅰ

中国世界、さらには東部ユーラシア世界という視点から中国史を見直す。

東洋史学講読(B)

アラビア語の文字と基本的な文法を習得し、アラビア語で書かれた史料を講読する。

東洋史学講読(C)B

近世ペルシア語で書かれた史料を読み、イランの歴史と文化への理解を深める。


Seminars ゼミ紹介

歴史学科 東洋史学専攻 近藤 真美ゼミ

竹本 賢貴さん

西アジア王朝の信仰を研究

竹本 賢貴さん

歴史学科 東洋史学専攻 4 年生(岡山県立津山高等学校 出身)

西アジアの国や宗教に興味があり、ゼミでは、かつてイラン高原で栄えたサーサーン朝の聖火信仰を研究しました。ゼミでは学生が持ち回りで個人発表を行うのですが、その際、聞き手側の学生も一人一回、必ず質問して いました。発表側のときは質問によって自らの研究課題を明確にでき、質問側のときは課題を見つける観察眼を高めることができました。ゼミ仲間と情報を共有して、互いの研究の精度を高めるなど、コミュニケーションを取りながら作業をすすめる力も養えたと思います。

[ゼミで扱う学びの一例]

  • 前漢末の終末意識と王莽の禅譲
  • 曹操とその時代
  • 隋唐時代におけるソグド人とその活動について
  • 宋元時期の海上貿易について
  • 清入関前の八旗制について
  • 北方民族と中国食文化の変容──契丹・女真・モンゴルとの交流から──
  • チンギス・カンの西方遠征と中央ユーラシアの商業ネットワーク
  • ヴィジャヤナガル王国トゥルヴァ朝期のナーヤカについて──アーンドラ地方南部において──
  • マムルーク朝後期におけるワクフの活用と宗教施設について
  • デリー・サルタナット期におけるスーフィー教団と政権との関わりについて

※過去の卒業論文タイトルより

Request Information

資料請求