Need Help?

Faculty of Letters

文学部

歴史学科 日本史学専攻

歴史学科 日本史学専攻

従来の研究に学びつつ、
自分なりの問いから歴史事実を究明し、
未来を造る主体として今を生きる

Focus 学びのPoint
新しい歴史像の構築と人間性の探究
世界史的な視野をもち、日本の歴史を考察
古代・中世・近世・近代・現代の5 つの切り口
学内外の史料や史跡などを最大限に活用

Curriculum カリキュラム

カリキュラム

講義紹介

日本史学基礎演習Ⅰ A・Ⅰ B

日本史学研究の基礎的な知識・方法などを習得する。

古文書学入門

歴史事実を証明するための文書の読解の基礎を学ぶ。

日本史学特殊講義

各分野の専門的研究から方法・史料について学ぶ。

日本史学演習Ⅰ

3回生のゼミで、各人が設定した課題について報告する。


Seminars ゼミ紹介

歴史学科 日本史学専攻 樋口 健太郎ゼミ

奥 武輝さん

事実を手がかりに応天門の変の謎を解く

奥 武輝さん

歴史学科 日本史学専攻 4年生(大阪府立香里丘高等学校 出身)

『日本三代実録』で性格や容姿まで酷評されている伴善男という人物に興味を持ち、彼が関与したとされる「応天門の変」を研究しています。一次史料の少なさから陰謀論など憶測で語られることの多い事件ですが、あくまで事実に基づいた論証をしたいと考えています。そのため、貴重な史料が多い本学図書館は研究に欠かせません。覚える歴史ではなく考える歴史の楽しさを味わうには最適な環境だと思います。

[ゼミで扱う学びの一例]

  • 崇峻天皇暗殺事件と蘇我氏の権力
  • 賀茂斎院と内親王の史的研究
  • 鎌倉幕府における御家人の任官政策
  • 太平記における人物像と後世への影響
  • 朝倉孝景の越前国守護職補任について
  • 北関東地域における近江日野商人の酒造経営
  • 光格・孝明期の尊王思想と民衆
  • 明治期における家族国家観
  • 臨時教育会議の歴史的意義について
  • 石橋湛山と小日本主義

※過去の卒業論文タイトルより

Request Information

資料請求