Need Help?

Faculty of Letters

文学部

歴史学科 日本史学専攻

歴史学科 日本史学専攻

従来の研究に学びつつ、
自分なりの問いから歴史事実を究明し、
未来を造る主体として今を生きる

Focus 学びのPoint
新しい歴史像の構築と人間性の探究
世界史的な視野をもち、日本の歴史を考察
古代・中世・近世・近代・現代の5 つの切り口
学内外の史料や史跡などを最大限に活用

Curriculum カリキュラム

カリキュラム

取得可能な免許・資格

  • 中学校教諭一種免許状(社会)
  • 高等学校教諭一種免許状(地理歴史)
  • 図書館司書
  • 学校図書館司書教諭
  • 学芸員
  • 社会福祉主事任用資格
  • 本願寺派教師資格(受験資格)

めざす職業・進路

  • 学芸員、司書、研究職
  • 教員(中学校、高等学校)
  • 公務員(国家・地方)、NPO/NGO
  • 企業(営業職、販売職など)

講義紹介

日本史学基礎演習Ⅰ A・Ⅰ B

日本史学研究の基礎的な知識・方法などを習得する。

古文書学入門

歴史事実を証明するための文書の読解の基礎を学ぶ。

日本史学特殊講義

各分野の専門的研究から方法・史料について学ぶ。

日本史学演習Ⅰ

3 回生のゼミで、各人が設定した課題について報告する。


Seminars ゼミ紹介

歴史学科 日本史学専攻 嘉戸 一将ゼミ

小松 丘実さん

「今」につながる時代を学び、多角的な視点を養う

小松 丘実さん

歴史学科 日本史学専攻 4 年生(高知県立高知追手前高等学校 出身)

近現代とは、西洋から多くの制度や文化が流入しはじめた時代を指します。そのなかで私は、高校日本史でも扱われる民法典論争を研究しています。当時の政治体制や外交問題までを幅広く学び、それらの点と点がつながったときに歴史のおもしろさを感じます。ゼミ生の研究テーマはいずれも密接に関連しているため、発表を聞くだけでも自分にはない視点に気づかされ、現代社会の問題に対する考えも深まります。歴史を学び、今につながる新たな知見を得られるのが現代史ゼミの特徴です。

[ゼミで扱う学びの一例]

  • 崇峻天皇暗殺事件と蘇我氏の権力
  • 賀茂斎院と内親王の史的研究
  • 鎌倉幕府における御家人の任官政策
  • 太平記における人物像と後世への影響
  • 朝倉孝景の越前国守護職補任について
  • 北関東地域における近江日野商人の酒造経営
  • 光格・孝明期の尊王思想と民衆
  • 明治期における家族国家観
  • 臨時教育会議の歴史的意義について
  • 石橋湛山と小日本主義

※過去の卒業論文タイトルより

Request Information

資料請求