Need Help?

Faculty of Letters

文学部

歴史学科 文化遺産学専攻

歴史学科 文化遺産学専攻

現代まで引き継がれてきた文化遺産を分析・研究し、
将来に残して活用する技術と方法を実践的に修得します

Focus 学びのPoint
「物( もの)」から「学ぶ」/考古・典籍・絵画など実物から学ぶ
「物( もの)」を「残す」/最先端の機器で分析し保存・修復の方法を考える
「物( もの)」を「活かす」/文化遺産の積極的な活用の方法を学ぶ
「物( もの)」を「体感する」/遺跡や寺院などのフィールドワークをとおして実践的に学ぶ

Curriculum カリキュラム

カリキュラム

講義紹介

文化遺産学概論

文化遺産とは何か? その特徴と守り・伝える意義を学ぶ。

美術史特殊講義

人間の文化的営みの歴史のなかで美術について考える。

考古学実習

遺跡や出土品から考古学の実践的技術と分析方法を学ぶ。

文化財実習

文化遺産学に用いる調査機器やソフトのつかい方を実践で学ぶ。


Seminars ゼミ紹介

歴史学科 文化遺産学専攻 國下 多美樹ゼミ

宮川 アンナさん

京都で平安時代考古学を学ぶ

宮川 アンナさん

歴史学科 文化遺産学専攻 3年生(ハンガリーKaroli Gaspar大学から編入)

発掘作業に携わるなかで、遺物の歴史的背景を知りたいという思いに駆られて、本学科に編入しました。緑釉陶器の色合いの美しさに魅了され、それらをつくり上げた当時の技術に関心を持ったこともきっかけです。現在も発掘調査を継続しながら、大学で平安京出土の緑釉陶器を解析。平安時代の暮らしの再現に取り組んでいます。出土した破片を実際に見て、触って体得した感覚をもとに、遺物に秘められた過去を読み解き、遺跡への理解も深めていきたいです。

[ゼミで扱う学びの一例]

  • サイエンスの力を応用して文化遺産を守り・伝える
  • 考古学資料から読み解く歴史像
  • 美術作品をとおして日本文化を考える
  • 文化財保護の制度と方法を考える

※文化遺産学が関係する分野は多岐にわたります。これは各ゼミ担当教員が学生と取り組んでいる基本分野の一例です。

Request Information

資料請求