Need Help?

Faculty of Letters

文学部

歴史学科 文化遺産学専攻

歴史学科 文化遺産学専攻

現代まで引き継がれてきた文化遺産を分析・研究し、
将来に残して活用する技術と方法を実践的に修得します

Focus 学びのPoint
「物( もの)」から「学ぶ」/考古・典籍・絵画など実物から学ぶ
「物( もの)」を「残す」/最先端の機器で分析し保存・修復の方法を考える
「物( もの)」を「活かす」/文化遺産の積極的な活用の方法を学ぶ
「物( もの)」を「体感する」/遺跡や寺院などのフィールドワークをとおして実践的に学ぶ

Curriculum カリキュラム

カリキュラム

取得可能な免許・資格

  • 中学校教諭一種免許状(社会)
  • 高等学校教諭一種免許状(地理歴史)
  • 図書館司書
  • 学校図書館司書教諭
  • 学芸員
  • 社会福祉主事任用資格
  • 本願寺派教師資格(受験資格)

めざす職業・進路

  • 教員(中学校、高等学校)
  • 学芸員、研究職
  • 公務員(国家・地方)
  • 企業(建築設計、出版・マスコミ、観光、地域再生関連)

講義紹介

文化遺産学概論

文化遺産とは何か? その特徴と守り・伝える意義を学ぶ。

美術史特殊講義

人間の文化的営みの歴史のなかで美術について考える。

考古学実習

遺跡や出土品から考古学の実践的技術と分析方法を学ぶ。

文化財実習

文化遺産学に用いる調査機器やソフトのつかい方を実践で学ぶ。


Seminars ゼミ紹介

歴史学科 文化遺産学専攻 北野 信彦ゼミ

長谷川 穂香さん

昔の建造物はどのようにして現在まで残されてきたのか

長谷川 穂香さん

歴史学科 文化遺産学専攻 4 年生(滋賀県立東大津高等学校 出身)

私が所属するゼミでは、文化財を守り伝えるための方法や課題を実際に調査しながら考察します。西本願寺や清水寺などの修理現場を見学し、技術者の方の話もうかがいました。夏期の研修旅行では嚴島神社の修理現場を訪れ、貴重な体験をすることができました。フィールドワークをとおして漆に興味をもち、現在は、漆をつかった文化財建造物の修復方法について研究しています。自分の興味を研究対象にすることで、大学生活も充実すると思います。

[ゼミで扱う学びの一例]

  • サイエンスの力を応用して文化遺産を守り・伝える
  • 考古学資料から読み解く歴史像
  • 美術作品をとおして日本文化を考える
  • 文化財保護の制度と方法を考える

※文化遺産学が関係する分野は多岐にわたります。これは各ゼミ担当教員が学生と取り組んでいる基本分野の一例です。

Request Information

資料請求