Need Help?

Faculty of Letters

文学部

歴史学科 仏教史学専攻

歴史学科 仏教史学専攻

仏教の歴史を知ることで人間とは? 仏教とは?
という本質的な問いを探究します

Focus 学びのPoint
仏教をひもとき、現代・将来における役割と可能性を考える
政治・思想・言語・美術など、多角的なアプローチで理解する
京都の地の利を最大限に活かした調査・研究活動を展開
広い視野で“ 自分らしい生き方” を考えられる教養と人格を育成

Curriculum カリキュラム

カリキュラム

講義紹介

仏教史学入門

仏教史を学んでいくうえでの基本的な智識を習得する。

仏教美術史

仏画・仏像・寺院建築などの観方について学ぶ。

西域仏教史

インドで成立した仏教が中央アジアに展開していく過程を学ぶ。

真宗史

親鸞から現代に至るまでの浄土真宗の歩みを歴史的に考察する。


Seminars ゼミ紹介

歴史学科 仏教史学専攻 斎藤 信行ゼミ

髙石 響さん

宗教家誕生の背景を探る

髙石 響さん

歴史学科 仏教史学専攻 4 年生(福岡県 西南学院高等学校 出身)

「宗教家が誕生した歴史的な背景を知りたい」という思いから仏教史を専攻しました。卒業論文は浄土真宗の宗祖・親鸞について執筆する予定です。身分制が厳しく、仏教の知識が豊富な人ほど救われるとされた時代に、親鸞は貧しく知識もない一般民衆の尊厳を回復した人物です。そんな人物の内面や成し遂げたことに踏み込んでいきたいと思います。研究するうちに貧困問題や宗教と権力の結びつきなど、現代社会と通じる部分が見えてきて興味深いですね。

[ゼミで扱う学びの一例]

  • 僧尼令からみる日本古代の社会と仏教─飲酒条を手がかりに─
  • 行基の思想基盤について
  • 蓮如の教説と一向一揆
  • 池田光政の宗教政策と備前法華
  • 本願寺教団の護法論とその展開─島地黙雷を中心に─
  • 井上秀天の近代天皇制への視座─『新仏教』誌上の論説を中心に─
  • 梁武帝「断酒肉食」にみる六朝士大夫の仏教信仰
  • 舎衛城の神変に関する一考察─千仏化現表現を中心に─
  • 『 三界経』とタイ仏教王権
  • アンベードカルと不可触民解放運動

※過去の卒業論文タイトルより

Request Information

資料請求