Need Help?

Faculty of Letters

文学部

高田 文英

高田 文英
教員氏名
高田 文英 准教授
専門分野
真宗学(浄土教理史)。とくに平安・鎌倉期の日本浄土教。

研究内容を教えてください。

研究分野は広く言えば浄土教理史(浄土教の思想史)。中でも源信・法然そして親鸞を中心とした平安・鎌倉期の日本浄土教を専門にしています。最終的にはやはり親鸞という人が私の関心の中心ですが、親鸞の著作だけを読むということではなく、その背景や周辺にまで視野を広げていくことで、親鸞教義の特徴や意義を明らかにしたいというのが研究の基本姿勢です。とくに親鸞の師であった法然とその門弟たち、さらには法然に対する批判者も含めた同時代の教学動向に関心を持っています。

専門分野のおもしろさは何ですか。

地道に典籍を読むことは根気のいる作業ですが、コツコツやっていると、あぁそうだったのかと今まで見えていなかった新しい景色が見えてくるような嬉しい瞬間があります。その時には過去の仏教者と心が通じ合ったような気持ちになります。また難解な言葉で書かれた文章でも、よく読んでみるとじつは現代の社会や人間の抱える問題とも通じる大切な視座が示されており、立ち止まって自己を振り返る深い学びができるところが仏教・真宗研究の魅力だと思います。

なぜその分野を専門として選ばれましたか。

じつは専門分野に関して自分の意志で選んだという意識はほとんどありません。真宗学を学び始めたのはやはり浄土真宗のお寺で生まれ育ったことが大きいと思います。また、中でも平安・鎌倉期の浄土教を専門にしていることは、大学院時代の恩師の影響だと思います。ちなみに私の恩師のさらに恩師も同じ領域を専門にされていました。龍谷大学の真宗学の中には、日本浄土教の研究の伝統があるのです。私も微力ながらその伝統を継いでいきたいと思っています。

Request Information

資料請求