Need Help?

Faculty of Letters

文学部

学部概要

文学部 学部概要

Be a Linguistic Professional

すべての基盤となる「言葉」を学び、
「言葉のプロフェッショナル」へ

言葉によるコミュニケーションは、社会的にもっとも重要な行動のひとつ。仏教も歴史も言葉を抜きに語ることはできませんし、心理学も言葉のやり取りから把握します。つまり、専門的な学びのすべてに共通してくるのが文学部の学びです。学問の基盤としての言葉を深く学修すれば、すべての専門的な学問に通じることも可能です。

幅広い学問領域を横断して学修


学部長メッセージ

海にあそぶ

江戸時代の俳人、小林一茶に「天に雲雀(ひばり)人間海にあそぶ日ぞ」という俳句があります。この句は、雲雀が飛ぶ大空のもと、広々とした浜辺で潮干狩りを楽しむ人々を詠んでいます。五・七・五の言葉の世界に織りなされた情景は、なかなか堂々としたものです。さらには具象的な情景を越えて、「人間」そのものの本質を「海にあそぶ」ことに譬えているようにも読みなされます。なるほど、人生とは海にあそぶようなものかもしれません。

SEE MORE


文学部の「教育理念・目的」と「3つの方針」

建学の精神に基づいて、人文学の知的体系の研究・教授を通じ、現代社会の複雑な変化や諸問題に、自己を見失うことなく積極的・主体的に対応しつつ、社会に貢献できる教養及び専門性を備えた人間を育成することを目的とする。

SEE MORE


4 Year Learning

4年間で何を学ぶ?

バラエティに富んだ7学科6専攻の学び

4年間のプロセス

Request Information

資料請求